第5   古典

   1    目         標
   古典としての古文と漢文を読む能力を養うとともに,ものの見方,感じ方,考え方を広くし,古典に親しむことによって人生を豊かにする態度を育てる。

   2    内         容
   次の事項について指導する。
   古文や漢文に用いられている語句の意味,用法及び文の構造を理解すること。
   文章や作品の内容を構成や展開に即して的確にとらえること。
   文章や作品に表れた人間,社会,自然などに対する思想や感情を読み取り,ものの見方,感じ方,考え方を豊かにすること。
   文章や作品の表現上の特色を理解し,優れた表現に親しむこと。
   古典を読んで,日本文化の特質や日本文化と中国文化の関係について考えること。

   3    内容の取扱い
(1)    古文及び漢文の両方を取り上げるものとし,一方に偏らないようにする。
(2)    話すこと・聞くこと及び書くことの言語活動を効果的に取り入れるようにする。
(3)    文語文法の指導は読むことの学習に即して行い,必要に応じてある程度まとまった学習もできるようにする。
(4)    指導に当たっては,例えば次のような言語活動を通して行うようにする。
   古文や漢文の調子などを味わいながら,音読,朗読,暗唱をすること。
   国語の変遷などについて関心を深めるため,辞書などを用いて古典の言葉と現代の言葉とを比較対照すること。
   古典に表れた思想や感情の特徴,表現上の特色などについて話し合うこと。
   古典を読んで関心をもったことなどについて調べ,文章にまとめること。
(5)    教材については,次の事項に留意するものとする。
   教材は,様々な文章や作品,文種や形態などについて,親しみやすく基本的なものをできるだけ精選し,長短や難易を考慮して適当な部分を取り上げること。また,上記(4)に掲げる言語活動が十分行われるよう教材を選定すること。
   教材は,次のような観点に配慮して取り上げること。
(ア)    古典を進んで学習する意欲や態度を養うのに役立つこと。
(イ)    人間,社会,自然などに対する様々な時代の人々のものの見方,感じ方,考え方について理解を深めるのに役立つこと。
(ウ)    様々な時代の人々の生き方について考えたり,我が国の文化と伝統について理解を深めたりするのに役立つこと。
(エ)    古典を読むのに必要な知識を身に付けるのに役立つこと。
(オ)    言語感覚を豊かにするのに役立つこと。
(カ)    中国など外国の文化との関係について理解を深めるのに役立つこと。
   教材には,日本漢文も含めるようにすること。また,必要に応じて近代以降の文語文や漢詩文などを用いることができること。
   教材については,表記を工夫し,注釈,傍注,解説などを適切に用い,特に漢文については訓点を付け,時には書き下し文を用いるなど理解しやすいようにすること。
第6   古典講読

   1    目         標
   古典としての古文と漢文を読むことによって,我が国の文化と伝統に対する関心を深め,生涯にわたって古典に親しむ態度を育てる。

   2    内         容
   次の事項について指導する。
   古文や漢文に用いられている語句の意味,用法を理解し,その特有の表現を味わうこと。
   文章や作品に表れた思想や感情を的確に読み取り,生活や人生について考えること。
   古典を読んで,日本文化の特質や日本文化と中国文化の関係について考えること。

   3    内容の取扱い
(1)    古文と漢文の両方又はいずれか一方を取り上げることができる。
(2)    話すこと・聞くこと及び書くことの言語活動を効果的に取り入れるようにする。
(3)    古典に触れる楽しさを味わうことを重視し,詳細な読み取りの指導に偏らないよう配慮するものとする。
(4)    指導に当たっては,例えば次のような言語活動を通して行うようにする。
   古文や漢文の調子などを味わいながら,音読,朗読をすること。
   古典に表れた思想や感情などについて,感じたことや考えたことを文章にまとめたり発表したりすること。
   古典を読んで,関連する文章や作品を調べたり読み比べたりすること。
(5)    教材は,特定の文章や作品,文種や形態などについて,まとまりのあるものを中心として適切に取り上げるようにする。また,古典の現代語訳などを適切な範囲で関連的に取り上げることができる。