第2節   地理歴史

第1款   目      標

   我が国及び世界の形成の歴史的過程と生活・文化の地域的特色についての理解と認識を深め,国際社会に主体的に生きる民主的,平和的な国家・社会の一員として必要な自覚と資質を養う。

第2款   各   科   目

第3   日本史A

   1    目         標
     近現代史を中心とする我が国の歴史の展開を,世界史的視野に立ち我が国を取り巻く国際環境などと関連付けて考察させることによって,歴史的思考力を培い,国民としての自覚と国際社会に主体的に生きる日本人としての資質を養う。

   2    内         容
(1)    歴史と生活
     身近な生活文化や地域社会の変化などにかかわる主題を設定し追究する学習を通して,歴史への関心を高めるとともに,歴史的な見方や考え方を身に付けさせる。
   衣食住の変化
     日常の生活の中で接している衣食住がどのように変化してきたかを,社会的な背景と関連付けて追究させる。
   交通・通信の変化
     交通や通信の変化がどのような時代的背景の下でもたらされ,それが人々の日常生活にどのような影響をもたらしたかを追究させる。
   現代に残る風習と民間信仰
     現代に残る風習や民間信仰が本来どのような意味をもち,それがどのように変化してきたかを現代の人々の生活と関連付けて追究させる。
   産業技術の発達と生活
     産業技術の発達がどのような時代的背景の下でもたらされ,それが人々の日常生活にどのような影響をもたらしたかを追究させる。
   地域社会の変化
     地域社会がどのように変化してきたかを,政治的,経済的な条件や国際的な動きと関連付けて追究させる。
(2)    近代日本の形成と19世紀の世界
     開国以後,明治維新を経て近代日本が急速に形成された過程を,国際環境と関連付けて理解させる。
   国際環境の変化と幕藩体制の動揺
     産業,学問・思想,教育における近代の萌(ほう)芽や欧米諸国のアジア進出に着目して,幕藩体制動揺期の内外の情勢について理解させる。
   明治維新と近代国家の形成
     文明開化などに見られる欧米文化の導入と明治政府による諸制度の改革に伴う社会・文化の変化に着目して,開国,明治維新から自由民権運動を経て立憲体制が成立するまでの我が国の近代国家の形成について理解させる。
   国際関係の推移と近代産業の成立
     条約改正や日清(にっしん)・日露戦争前後の欧米諸国やアジア近隣諸国との関係の変化及び産業革命の進行に着目して,我が国の対外政策の推移と近代産業の成立について理解させる。
(3)    近代日本の歩みと国際関係
     第一次世界大戦前後から第二次世界大戦終結までの我が国の状況について,国際情勢と関連付けて考察させる。
   政党政治の展開と大衆文化の形成
     政党の役割と社会的な基盤,学問・文化の進展と教育の普及に着目して,政党政治の推移と大衆文化の形成について考察させる。
   近代産業の発展と国民生活
     都市や村落の生活の変化と社会問題の発生に着目して,近代産業の発展とそれが国民生活にもたらした影響について考察させる。
   両大戦をめぐる国際情勢と日本
     諸国家間の対立や協調関係と日本の立場,国内の経済・社会の動向,アジア近隣諸国との関係に着目して,二つの世界大戦とその間の内外情勢の変化について考察させる。
(4)    第二次世界大戦後の日本と世界
     第二次世界大戦後の民主化と復興,国際社会への復帰,経済の発展と現代の日本について,世界の動向と関連付けて考察させるとともに,我が国の課題と役割について認識させる。
   戦後政治の動向と国際社会
     第二次世界大戦後の国際関係の推移に着目して,占領政策と諸改革,新憲法の成立,平和条約と独立など我が国の再出発及びその後の政治の推移と新しい外交関係の確立について考察させる。
   経済の発展と国民生活
     生活意識や価値観の変化に着目して,戦後の経済復興,技術革新と高度成長,経済の国際化など日本経済の発展と国民生活の向上について考察させる。
   現代の日本と世界
     経済や文化の国際的交流,科学技術の発達と世界の平和,我が国の国際貢献の拡大などに着目して,現代世界の動向と日本の課題及び役割について考察させる。

   3    内容の取扱い
(1)    内容の全体にわたって,次の事項に配慮するものとする。
   我が国の歴史の展開を,諸外国との政治的な関係,経済・文化の接触・交流や地理的条件などと関連付け,世界の中の日本という視点から理解させること。
   1の目標に即して基本的な事項・事柄を精選して指導内容を構成するものとし,細かな事象や高度な事項・事柄には深入りしないこと。
(2)    近現代史の指導に当たっては,客観的かつ公正な資料に基づいて,事実の正確な理解に導くようにするとともに,多面的・多角的に考察し公正に判断する能力を育成するようにする。その際,核兵器の脅威に着目させ,戦争を防止し,民主的で平和な国際社会を実現することが重要な課題であることを認識させること。
(3)    内容の(1)の取扱いに当たっては,次の事項に配慮するものとする。
   アからオまでの中から,生徒の実態等に応じ,二つ又は三つを選択して主題を設定し,作業的,体験的な学習を重視して実施すること。
   選択した項目の一つは,この科目の導入として実施し,現在の生活環境が歴史の産物であることに気付かせることによって日本史学習への関心を高めるようにすること。
   前項以外の選択した項目については,学習の深化と歴史的思考力の育成を図ることをねらいとして,内容の(2)以下の学習と関連させて取り扱うよう指導計画を工夫すること。

第4   日本史B

   1    目         標
     我が国の歴史の展開を,世界史的視野に立って総合的に考察させ,我が国の文化と伝統の特色についての認識を深めさせることによって,歴史的思考力を培い,国民としての自覚と国際社会に主体的に生きる日本人としての資質を養う。

   2    内         容
(1)    歴史の考察
     歴史を考察する基本的な方法を理解させるとともに,主題を設定して追究する学習,地域社会にかかわる学習を通して,歴史への関心を高め,歴史的な見方や考え方を身に付けさせる。
   歴史と資料
     歴史における資料の特性とその活用及び文化財保護の意義について理解させる。
(ア)    資料をよむ
   様々な歴史的資料の特性に着目して,資料に基づいて歴史が叙述されていることを理解させる。
(イ)    資料にふれる
   博物館などの施設や地域の文化遺産についての関心を高め,文化財保護の重要性について理解させる。
   歴史の追究
     我が国の歴史の展開について,時代ごとに区切らない主題を設定し追究する学習を通して,歴史的な見方や考え方を身に付けさせる。
(ア)    日本人の生活と信仰
   衣食住の変化,習俗や信仰などに着目して,日本人の生活様式や精神生活の推移について追究させる。
(イ)    日本列島の地域的差異
   文化の特色,人々の生活,都市の形成,他地域との交流などに着目して,日本列島の諸地域における歴史の差異について追究させる。
(ウ)    技術や情報の発達と教育の普及
   人々の生活の変化に着目して,各時代における産業や生活の中の技術,交通,情報などの発達や教育の普及の影響について追究させる。
(エ)    世界の中の日本
   我が国と外国との交流や相互理解などに着目して,外国人が日本をどう見ていたか,また日本人が世界をどう見ていたかについて追究させる。
(オ)    法制の変化と社会
   様々な法制の特色や変化に着目して,各時代における法と人とのかかわりや法が社会に果たす役割について追究させる。
   地域社会の歴史と文化
   地域社会の歴史と文化について,その地域の自然条件や政治的,経済的な諸条件と関連付けて考察させる。
(2)    原始・古代の社会・文化と東アジア
   原始社会の人々の生活の変化,大和朝廷による統一,律令(りつりょう)に基づく古代国家の成立と推移及び文化の形成について,東アジア世界の動きとも関連付けて理解させる。
   日本文化の黎(れい)
   自然環境や大陸からの文化の影響による生活の変化に着目して,旧石器文化,縄文文化及び弥生(やよい)文化の時代の社会について理解させる。
   古代国家の形成と東アジア
   我が国における国家の形成と律令体制の確立の過程,隋(ずい)・唐など東アジア世界との交流に着目して,古代国家の展開と古墳文化,天平(てんぴょう)文化などの文化の特色について理解させる。
   古代国家の推移と社会の変化
   東アジア世界との関係の変化,荘園(しょうえん)・公領の動きや武士の台頭など地方の動向に着目して,古代国家の推移と国風文化の展開及び中世社会の萌(ほう)芽について理解させる。
(3)    中世の社会・文化と東アジア
   武家政権の成立から戦国大名の時代に至る武家社会の進展と文化の展開について,東アジア世界の動向と関連付けて理解させる。
   武家政権の成立
   武士の土地支配と公武関係,宋(そう)・元とのかかわりに着目して,武家政権の形成過程と鎌倉(かまくら)新仏教など文化に見られる新しい気運について理解させる。
   武家政権の展開と社会の変化
   日本の諸地域の動向,日明(にちみん)貿易など東アジア世界との交流,庶民の台頭に着目して,産業経済の発展や下剋上(げこくじょう)など中世社会の多様な展開及び武家文化と公家文化のかかわりや庶民文化の萌芽など文化の動向について理解させる。
(4)    近世の社会・文化と国際関係
   織豊政権及び幕藩体制の特色と推移,社会・文化の動向について,国際関係の変化とその影響にも触れながら理解させる。
   織豊政権と幕藩体制の形成
   ヨーロッパ世界との接触とその影響,鎖国などその後の対外関係,支配体制と身分制度や儒学の役割,文化の特色に着目して,織豊政権,幕藩体制の特質について理解させる。
   産業経済の発展と都市や村落の文化
   幕藩体制の下での経済機構や交通・技術の発展,都市の繁栄に着目して,農業や商工業の発展及び町人文化の形成,農山漁村の生活文化について理解させる。
   国際環境の変化と幕藩体制の動揺
   欧米諸国のアジアへの進出,学問・思想及び産業の新たな展開に着目して,幕藩体制の動揺と近代化の基盤の形成について理解させる。
(5)    近代日本の形成とアジア
   開国,幕府の滅亡と新政府の成立からの明治時代の近代日本の歩みについて,アジアにおける国際環境と関連付けて考察させる。
   明治維新と立憲体制の成立
   文明開化など欧米の文化・思想の影響や国際環境の変化に着目して,開国,明治維新から自由民権運動を経て立憲体制が成立するまでの我が国の近代化の推進について考察させる。
   国際関係の推移と立憲国家の展開
   条約改正,日清(にっしん)・日露戦争とその前後のアジア及び欧米諸国との関係の推移に着目して,我が国の立憲国家としての展開について考察させる。
   近代産業の発展と近代文化
   国民生活の向上と社会問題の発生,学問の発展や教育制度の拡充に着目して,近代産業の発展と近代文化の特色について考察させる。
(6)    両世界大戦期の日本と世界
   第一次世界大戦から第二次世界大戦に至る我が国の歴史について,世界情勢と国内の動きを関連付けて考察させる。
   第一次世界大戦と日本の経済
   国際社会の中の日本の立場に着目して,第一次世界大戦前後の対外政策の推移や大戦が国内の経済・社会に及ぼした影響について考察させる。
   政党政治の発展と大衆文化の形成
   都市の発達と大衆社会の成立に着目して,政党の役割と政治や社会運動の動向及び文化の特色について考察させる。
   第二次世界大戦と日本
   国際社会の動向,国内政治と経済の動揺,アジア近隣諸国との関係に着目して,対外政策の推移と戦時体制の強化など第二次世界大戦と日本とのかかわりについて考察させる。
(7)    第二次世界大戦後の日本と世界
   第二次世界大戦の終結から今日に至る我が国の歴史について,世界の動向と関連付けて考察させるとともに,広い視野から日本の文化や課題について認識させる。
   戦後政治の動向と国際社会
   第二次世界大戦後の国際関係の推移に着目して,占領政策と諸改革,新憲法の成立,平和条約と独立など我が国の再出発及びその後の政治の推移と新しい外交関係の確立について考察させる。
   経済の発展と国民生活
   生活意識や価値観の変化に着目して,戦後の経済復興,技術革新と高度成長,経済の国際化など日本経済の発展と国民生活の向上について考察させる。
   現代の日本と世界
   国際理解の推進と日本文化の特色,世界の中の日本の立場や我が国の国際貢献の拡大などに着目して,現代世界の動向と日本の課題及び役割について考察させる。

   3    内容の取扱い
(1)    内容の全体にわたって,次の事項に配慮するものとする。
   我が国の歴史と文化を,各時代の国際環境や地理的条件などと関連付け,世界の中の日本という視点から理解させること。
   1の目標に即して基本的な事項・事柄を精選して指導内容を構成するものとし,細かな事象や高度な事項・事柄には深入りしないこと。
   文化に関する指導に当たっては,各時代の文化とそれを生み出した時代的背景との関連,外来の文化などとの接触や交流による文化の変容や発展の過程などに着目させ,我が国の文化と伝統の特色とそれを形成した様々な要因を総合的に考察させるようにすること。また,生活文化については,時代の特色や地域社会の有様などと関連付けるとともに,民俗学などの成果に基づきその具体的な様相を把握させること。
(2)    内容の(1)の取扱いに当たっては,次の事項に配慮するものとする。
   アについては,次の事項に配慮すること。
(ア)    日本史学習に対する関心を高めるとともに,歴史の学習の基礎的な認識を深めることをねらいとして,作業的,体験的な学習を重視すること。
(イ)    内容の(1)のアの(ア)については,この科目の導入として実施することとし,(イ)については,適切な時期に実施すること。
   イについては,歴史的思考力を深めさせるため,内容の(1)のイの(ア)から(オ)までの中から,生徒の実態等に応じ,二つ程度を選択して主題を設定し,適切な時期に実施すること。主題の設定に当たっては,特定の時代や地域に偏らないようにするものとし,例えば次のような観点が考えられること。
(ア)    我が国の文化と伝統の特色とかかわらせてとらえること。
(イ)    歴史上の人物の果たした役割や生き方などとかかわらせてとらえること。
(ウ)    政治的,経済的な条件や国際環境など時代的背景とかかわらせてとらえること。
(エ)    地域の特性や地理的条件などとかかわらせてとらえること。
   ウについては,次の事項に配慮すること。
(ア)    地域の範囲は,学校所在地を中心とする日常の生活圏,都道府県,それらを包含する地方など,学習指導上の観点に立って適宜設定すること。
(イ)    学習指導上の観点や地域の特性に応じて,まとまった時間を設定して実施したり,内容の(2)以下の学習に関連させて適宜実施したりするなど,効果的な方法をとること。
(ウ)    地域の史跡や諸資料の調査・見学などを取り入れるとともに遺物,伝承などの文化遺産を取り上げ,祖先が地域社会の向上と文化の創造や発展に努力したことを具体的に理解させ,それらを尊重する態度を育てるようにすること。
(3)    近現代史の指導に当たっては,客観的かつ公正な資料に基づいて,事実の正確な理解に導くようにするとともに,多面的・多角的に考察し公正に判断する能力を育成するようにする。その際,核兵器の脅威に着目させ,戦争を防止し,民主的で平和な国際社会を実現することが重要な課題であることを認識させること。